外出時の紫外線を避ける方法を考える

今年の夏はかなり温度上昇が予測されますね! ( ゚Д゚)    女性には美容管理対策は必須となりますよね 若いうちの紫外線被害は年齢を重ねていくとシワや乾燥肌の レベルが過度になります

シミは一度染みつくと何年掛かろうが中々、緩和しません!      終わった! 化粧で誤魔化すしか有り得ない事になります。    10代で紫外線を浴びすぎると取り返しのつかない事になります! 紫外線は紫の外の線であり、目に見える光(可視光線)で波長の短い光   表皮の基底層から真皮まで達し、色素を酸化させたり真皮の繊維を傷め、 シワやシミをつくり、当たりすぎると皮膚ガンになることもあります。 単に海水浴で無理やり焼くのとスポーツの最中に焼けるのでは全然違うのです。   海水浴は直接的スポット部分で焼くので時間を掛けてシミを集中的に作ります。   その為、紫外線カットオイルを頻繁に塗りましょう。  出来れば日焼けはおススメしません。 

 

シミは皮脂の真皮に達する為に時間を掛けて、表面に出てきます。 スポーツ中の日焼けは汗の塩分が一気に黒い肌を作ります。 毛穴を開いた状態で紫外線を浴びてしまうので、古い角質は取り除けますが 完全に黒々した肌が身についてしまいます。 シミ等は個人差があり、元々皮膚が弱いとシミが出来易く、皮膚が強くて 厚い人はシミは出来にくく、逆に健康的な見た目に成り易いです。   しかし、大きなシミが中年になると分かり易く現れてしまう可能性もあるのです。


 

※ 紫外線の回避法

どうしても避けたい紫外線 女性の快適サマーシーズンを完全に妨げる! 紫外線! これだけの紫外線を浴びれば、誰でもシミを作ります 殆どの若者は若さゆえに将来の自分の肌を考えませんね   今は大丈夫だろうの想いが後々の後悔を与えるのです! 肌ケアの中で一番厄介であり、治療に最高に時間を掛けるのですから    始めからケアの実践をするべきです。 因みに紫外線は日が揚々とした時にだけ、受けるのではありません!   天気の悪い日や雨天時でも紫外線は貴方を襲っているのですよ! 数値で言っても20%から95%の値で晴天時以外でも     受けているのです。|д゚)  


 

 紫外線の回避法 続き

        【 紫外線の避け方を学ぼう!! 】

私たちの体内にはメラニンが含まれており、白人には少量含まれ、 私達アジア人は中量が、黒人には多量のメラニンが含まれる為に、 見た目に差が出るのですね   メラニンは体内に侵入する紫外線から守ってくれる働きをします。 黒人は分かり難いですが殆どシミを喰らわないのです。 只し吸収し易い肌の為に海水浴を頻繁に行う人はシミに なっているのでしょうね。    分かりずらいですがネ (^_-)-☆   私達アジア人は吸収し易い事は確かですのでシッカリとケアをしましょう!


  睡眠不足・ストレス・暴飲暴食 等を避ける  それは普段の肌に栄養が行き通らないと紫外線を吸収し易くなるのです。  喫煙や不潔行為もダメです!   健康なお肌を保ち、紫外線を気にせず生活するには

  限定されたサプリメントが必須になります!

Comments are closed.